金武外科肛門科

金武外科肛門科は、大腸・肛門の専門医院です。

昭和21年
金武外科として開業。
昭和57年
大腸肛門科領域に力をいれるため、名前を金武外科肛門科と改め、病院を改装。
平成18年
診察室・大腸内視鏡検査室を改装。現在に至る。

金武外科肛門科について

当院は、大腸・肛門の病気に力を入れています。全国的に見ても、特に肛門疾患を専門に扱っている病院はまだ多くなく、そういった中、患者様に満足していただけるよう日々努力しています。
どの病気にもそれぞれ専門性が問われます。大腸・肛門疾患も例外ではなく、豊富な知識と経験が必要になってきます。薬で様子をみられるのか、手術が必要なのかをはじめ、それぞれの患者様にあった治療を適切に判断していかなければなりません。
当院は大腸・肛門の専門医が豊富な経験と実績をもって診察、治療にあたっています。自己診断で病気を長引かせるより、専門の病院を受診することをお勧めします。
当院では、予約無しでの大腸内視鏡検査も実施しています。そのほか、肛門疾患をはじめ、腸炎や便秘などの薬物治療、食事、生活習慣の相談にも積極的に取り組んでいますので、お気軽にご相談下さい。

医師紹介

院長:金武 良弘
日本医科大学医学部卒業後、昭和43年、同院の麻酔科医局に入局。
麻酔科標榜医取得後、昭和45年より佐賀県立病院好生館の外科に入局。
昭和51年先代の元、金武外科に副院長として勤務。
現在までに肛門疾患手術は約8,000例におよぶ。
副院長:金武 良憲
平成10年北里大学医学部卒業後、日本大学医学部消化器外科の医局に入局。平成15年より埼玉にある、全国でも有数の手術数と大腸検査数(年間手術2,200例以上、大腸内視鏡8,500例以上)を誇る、所沢肛門病院に3年半勤務し、平成18年9月より当院の副院長として勤務となる。

応診日時

診療日時は、以下のようになっています。
診療時間
※日曜・祝日は、休診日となります。
午前(9時〜12時) 応診可 応診可 応診可 応診可 応診可 応診可
午後(14時〜17時) 応診可 応診可 応診可 応診可 応診可 応診不可

病院までの交通

佐賀市城内2丁目2−56
市営バス停「県庁舎」
0952-24-3232
病院へのEメールは、半角英数字で
info@ の後に kanatake.com です。
ウイルス対策のため、クリックしてもメールを送れないようにしています。
#

病院・病室写真

下の画像をクリックすると、拡大写真がご覧頂けます。拡大写真は、もう一度クリックすると閉じます。

  • 病院外観
  • 病院入り口
  • 受付
  • 待合室
  • 肛門科診察室
  • 一般診察室
  • 前処置待機室
  • 大腸内視鏡検査室
  • レントゲン室(透視台)
  • レントゲン室(一般)
  • 理学療法室
  • 手術室

病室・その他設備写真

下の画像をクリックすると、拡大写真がご覧頂けます。拡大写真は、もう一度クリックすると閉じます。

  • 35、36号室(特室) 当院でもっとも広い部屋です
  • 23型液晶テレビ、小型冷蔵庫付き(使用料共に無料)
  • 室内灯はリモコンにより明るさの調整ができます
  • 読書灯つき。その他、無線LANにてインターネットも利用可能です
  • 一人部屋A
  • 一人部屋B
  • 二人部屋
  • 1階 風呂
  • 2階 風呂
  • 病棟 談話室

※無線LAN完備にてインターネットに接続できます!